児童福祉事業

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスは、障害のある6歳~18歳までの就学児が、放課後や夏休みや冬休みなどの長期休暇中に利用する福祉サービスです。
学校外で集団生活をする機会を設けたり、子どもたちの居場所をつくったりすることで、障害のある子どもと、その家族を支えるためのもので、
「障害児の学童保育」とも呼ばれています。
以前には障害の種別に分かれており、未就学児と就学児がいっしょに通う施設形態でしたが、2012年に児童福祉法などの法改正があり、未就学児のための「児童発達支援」と就学児のための「放課後等デイサービス」とに分かれました。
現在では、障害の種類にかかわらず利用ができ、長期的に一貫した支援・サービスが受けられるようになっています。

発達障害のあるお子さまと保護者さまへの公的なサポート

発達障害のあるお子さまへの主な公的な支援制度をご紹介します。

障害者手帳

障害者手帳を取得することで、障害の種類や程度に応じて様々な福祉サービスを受けることができます。
発達障害の場合、精神障害者保健福祉手帳の対象に含まれます。知的障害を併存する場合は、療育手帳も対象となります。申請には医師による診断書を提出し、障害の程度や取得の可否の判定が必要となります。

障害福祉サービス

地域で療育や支援が受けられる障害児通所支援は、児童発達支援、放課後等デイサービスのほか、医療型児童発達支援や保育所等訪問支援もあります。
その他、障害福祉サービスには障害児入所支援や外出や生活の自立を支援する自立支援給付等など、様々な制度があります。

合理的配慮

合理的配慮とは、障害のある方々の人権が保障され、教育や就業、その他社会生活において平等に参加できるよう、それぞれの障害特性や困りごとに合わせておこなわれる配慮のことです。
「障害者差別解消法 (正式名称:障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)」により、この合理的配慮を可能な限り提供することが、行政・学校・企業などの事業者に求められるようになりました。
学校生活での合理的配慮の例として、読み書きに困難があるお子さまが小・中学校に音声読み上げ教科書やタブレット、デジカメを使用できるようにすることなどが挙げられます。

発達障害の子どもはどんなことに困っているの?

困りごとチェックリスト
発達障害の症状や困りごとは一人ひとりの特性や年齢にもよりますが、以下が発達障害の子どもによく見られる困りごとです。年齢に見合わない行動や発達の遅れがある場合、また本人や家族が強く困っている場合などには、専門機関への相談をおすすめします。

言葉の遅れ 言葉が出ないなど、年齢に見合った言葉の発達が大きく遅れている。
感覚過敏 光や音に敏感で、嫌がる。感触にこだわりがあり、決まった服以外着られない。好き嫌いが多く、偏食。
感覚鈍磨 感覚の反応が鈍く、刺激や痛みに鈍感。
こだわりが強い・変化が苦手 同じおもちゃでないと遊ばない、スケジュールが急に変わると活動できないなど、日常生活に支障が出るような強いこだわりがある。
忘れ物や不注意が目立つ 忘れ物をしたり、うっかりミスが多い。片付けや整理整頓が困難。
我慢できず行動がコントロールできない じっと座っていることが難しい、集中することが苦手、おしゃべりがやめられない。順番を待つことや我慢することが苦手で、カッとしたりイライラしたりしやすく、些細なことで手が出てしまう。先生の指示で動いたり周りと合わせて行動したりするのが苦手。
周囲とのコミュニケーションが苦手 周りの子どもとコミュニケーションを取ることが苦手。一人遊びが多い。
癇癪・自傷行動 思いがけないことや気に入らないことがあるとパニックになったり、激しい癇癪(かんしゃく)を起こしたりする。頭を壁などにぶつける、髪の毛を抜く、手や爪を噛むなどして自分を傷つけてしまう。
学習面での困難 読み書きや算数など、年齢相応な学習が苦手。できるものとできないものの差が極端。授業についていけなかったり、宿題にとても時間がかかることがある。
不器用・運動面の遅れ(発達性協調運動障害) 運動の調整や力加減が苦手で極端に不器用。体がクニャクニャとしている場合もある。筆圧が弱く、指先がうまく動かせずに大きくなっても食べこぼしが目立つ。

公式サイト

児童福祉でお困りの方はこちら

今すぐ問い合わせる

まずはお気軽にご相談ください。

© 2021 YUMEKIZUNA co.,ltd.